音伽舎ロゴ

赤ちゃんからお母さんと一緒に音楽を楽しみ、音楽で自己表現できるようになる音楽響室です

発表の場

 

グループ発表

レッスンの一環として、同じ年頃の子どもたちで数カ月に一度、グループ発表をします。
暗譜できてレパートリーになった曲を演奏し、レッスンの励みにします。

 

ピアノ響室ミニコンサート

大倉山記念館の小さなお部屋で、ピアノを始めたばかりの子も、みんなが演奏します。
音伽あそびの子どもたちも、リズム楽器で出演。実に熱心に、お兄ちゃんお姉ちゃんたちの演奏に聴き入っています。

 

リサイタル発表会

ピアノを初めて1~2年すると、レパートリー曲を集めて、ひとりのリサイタル形式でコンサートを開きます。
ひとりで10数曲~(最高記録は30曲)、ソロ、連弾、お話と音楽・・・と様々な形で演奏します。
これだけまとめて演奏すると、たとえミスしてもあまり気にならず、音楽の印象が残ります。
子どもたち自身も保護者の方も、1年ごとの子どもの成長を強く感じることができます。

Rちゃんのリサイタル発表会
第1回
入学記念コンサート
2008年4月7日
第2回
お誕生日コンサート(7歳・小1)
2009年1月25日

第3回
お誕生日コンサート(8歳・小2)
2010年1月

お話と音楽
~ リズム楽器でピアノと合奏~
ジョン・ジョー ジジャングルの一日」
1.ノソノソ象さん
2.ピョンピョンガゼル
3.ニョロニョロへびくん
4.土人の踊り
5.ジャングルリヴァーは流れ
6.ワニくんのひなたぼっこ
7.モソモソ虫くん
8.忍びのタイガー
9.ランの花咲く
10.ペチャペチャヒヒくん
11.大きなぶどうの木
12.ジャングルの夕焼け

リラ=フ レッチャーピアノ教本より
♪小人のマーチ
♪ビンゴ
♪ハロウィン
♪スケーターワルツ
♪ジャングル見物

内田勝人 「ふたりでピアノ」より
♪ロケット
♪さらさらきらきら
♪そよ吹く風さん
♪花のワルツ
♪教えてくださいお 星さま
♪ねむのきのしたで

成田剛 「ピアノエチュード1」より
♪なわとびぴょんぴょん
♪ママのつくったおべんとう
♪一年生の行進

 

 

 

 

 

 


オープニ ング
♪お誕生日マーチ

練習曲
♪ 大火事(
リ ラ=フレッチャー
♪おもちゃのきしゃ(
リラ=フレッチャー
♪きつねがり(トンプソン)
♪まほうのじゅもん(成田 剛)

お話と音楽
ジョン・ジョー ジ「ジャングルの一日」
1.ノソノソ象さん
2.ピョンピョンガゼル
3.ニョロニョロへびくん
4.土人の踊り
5.ジャングルリヴァーは流れ
6.ワニくんのひなたぼっこ
7.モソモソ虫くん
8.忍びのタイガー
9.ランの花咲く
10.ペチャペチャヒヒくん
11.大きなぶどうの木
12.ジャングルの夕焼け

ピアノ連弾
1.
♪ほどうのうた(ジョン・ジョージ)
♪カニのおどり
♪サーカスがやってくる
2.
♪ こもりうた(ワイネル)
♪かんぱいのうた
♪おみあい

レパートリー曲
♪人魚の歌(ウェーバー)
♪インディアンのおどり(コルトー)
♪トルコのおどり(ローレイ)
♪へびつか い(ジョン・ジョージ)
♪夜明けの霧(グローバー)
♪うちゅうたんけん(グローバー)
♪トッカーティナ(メ ゼー)


オープニ ング
♪子犬のマーチ

練習曲
バイエル「バイエル練習曲」よ り
♪71番
♪72番
ル・クーペ「ピアノのアルファベット」より
♪ O
♪ C
成田剛「ピアノ・エ チュード2」より
♪空を飛ぶ夢
♪魔女のおどり

お話と演奏
イボンヌ・ア ディール「子犬のお話」
1.ジル
2.ブーツ
3.ジュディ
4. ふたごのスリッパーズとジョック
5.マイクおじさん
6.おいでよ楽しいよ

7.森へ走る
8. ウサギかな?
9.骨をなくしちゃった
10.おいかけろ
11.晩ご飯だよ
12.おやすみなさい!

レパートリー曲
♪マーチ(クラーク)
♪アンダンテ(ハイドン)
♪アラベスク(ブルグミュラー)
♪バラード(ブル グミュラー)
♪遠くの鐘の音(ストリーボック)
♪人形の夢と目覚め(オースティン)

 

 

 

 

 


※第1回では講師のピアノ演奏に合わせてリズム楽器で演奏した「ジャングルの一日」を、一年もたたずにピアノで弾けました。
第3回では、さまざまな技術の小曲が詰まった「子犬のおはなし」(日本では未出版)ほか、発表会の人気曲も並んでいます。
小学校低学年までは難しい曲に進むより、易しい曲を数多く弾き、表現力をつけることを大切に考えています。

 

Nちゃんのリサイタル発表会
第一回
お誕生日コンサート
(6歳、年長)
2009年9月

オープニング
♪ハッピーバースディ

童謡
♪ぶんぶんぶん
♪かわはよんでいる
連弾
内田雅人「ふたりのピアノ」より
♪さくらの花はきれいだな
♪ぞうさんのおさんぽ
♪花のワルツ

♪ロケット
独奏
♪はとどけい (グローバー)
♪ポンポンじょうき(グローバー)
♪のりもの

ファミリーアンサンブル
♪マドリガル(シモーネ作 曲)
♪春の海(宮城道夫作曲)
「月と星の夜」

♪いちばんぼし ハンドベル
♪きらきら星  ヴァイオリン、ピアノ
♪月の光     ピアノ
♪つき(1、2番)歌
♪雨 ウィンドチャイム、ヴァイオリン、
♪月の光    ピアノ
♪つき(3番) 歌
♪きらきら星  ピアノ連弾

※幼稚園年長のお姉ちゃんがピアノに、
3歳の妹はおやこ感覚響室の前身音伽の会に通っていました。

お姉ちゃんがピアノを始めてまだ数ヶ月でしたが、
お父さんがヴァイオリン、お母さんが琴を演奏されるので、
お父さんお母さんのソロと、家族みんなで演奏できるよう編曲した
「月と星の夜」を、オリジナルのお話をつけて演奏しました。

 

コンクールなど

まったく知らない大勢の人々の前で演奏することは、子どもの心には大きな体験なだけに、大きな成長の機会になりますので、コンクールなどへの出場の機会もとりいれることがあります。「評価される」「選別される」という側面がありますので、子どもの力と性格とを考え合わせ、出場は、ひとりひとり個別に判断します。

「コンクール」の場合、たいていは課題曲がありますので、<同じ曲が弾き手によってどれだけ違って聞こえるか>ということが、自分も練習してきた曲なだけにとてもよく実感することができる、ということに、大きな意味があると思っています。コンクールの体験から、<評価される演奏とは?><いい演奏とはどんな演奏か?>と、次第に、客観的な目線や、自分自身の演奏の好みなどにも、気付いてほしいと思います。