音伽舎ロゴ

赤ちゃんからお母さんと一緒に音楽を楽しみ、音楽で自己表現できるようになる音楽響室です

ピアノ

e79fa2e58db0efbc88e99d92efbc893音伽あそび ピアノ入門 ピアノ

e79fa2e58db0efbc88e8b5a4efbc894音伽舎の子どもたち 講師プロフィール 音伽メソッドとは よくあるご質問 音伽の響室(出張響室)

takt13

初級

まずは、「ピアノが弾ける!」という自信と喜びを持つことがいちばん大切!と考えています。

子どもの理解度や性格に合わせた進め方で、無理なく、「音楽力」の基礎を築くよう導きます。

 

pt7

e6b3a8e79baeefbc88e8b5a4efbc89初見と暗譜
音 楽の実力の目安として、とくにピアノ入門から初級の時期に、初見と暗譜ができるように、得意になるようにと心がけています。「どんどん読める!どんどん弾 ける!」なら、自信と喜びを持ってピアノに向かえるようになります。

弾けるようになった曲からお気に入りの曲をレパートリー曲として暗譜して、いつでも弾けるように長く弾く試みもしています。また、それらの曲を、大 小さまざまな場で発表していきます。

※詳しくは「初見と暗譜」のページををご覧ください

pt9

e6b3a8e79baeefbc88e7b791efbc89アンサンブルを重視して います
「音伽あそび」の頃からアンサンブルを重視し、先生やお母さん、お友達とのアンサンブルの経験を重ねていま す。小学校高学年~中学生になると、フルートなどの楽器演奏者の伴奏をするなど、企画室のある音伽舎ならではの経験もできます。アンサンブルの体験は音楽 の楽しさを倍増させますし、おとなになっても音楽を続けたくなる、大きな意味あいを持つことでしょう。

※ 詳しくは「アンサンブル」のページををご覧ください

e6b3a8e79baeefbc88e9bb84efbc89さまざまな発表の場を設 けています
img_45457「音伽あそび」の頃から、「ピアノ」の お姉さんのリサイタル発表会を聴いたり、アンサンブルで出演したりしていますから、ピアノのレッスンが始まった頃には、「私もピアノを弾きたい!」「きっ と弾けるようになるんだ!」と、弾く気満々の子どもも多いです。やはり、ちょっと年上のお兄さんお姉さんが弾く様子を見聞きしたり、自分も人前で演奏した りすると、子どもたちはがぜん張り切ります。聴く機会、弾く機会、としての発表の場を、さまざまな折に設けるようにしています。

※ 詳しくは「発表の場」のページををご覧ください

 

 

中級

「音楽的」であるかどうかは、これまで「才能」があるなしで語られてしまうことも多かったのですが、実は、

音楽のメロディーや ハーモニーのニュアンスが音に表現できるかどうか、にかかっています。

そのために必要なのは、合理的な「頭」と「身体」と「耳」の使い方を身につけることです。

子ども自身の力で楽譜を読みとり、音楽にしていけることを目標にしています。

 

e6b3a8e79baeefbc88e8b5a4efbc89頭の使い方

音楽の文法、音楽のデッサンといえるアナリーゼを、理論で裏付けながら音のニュアンスで判断し、
楽譜の読みとり方を身につけ、音楽の原理原則を理解していきます。
piano

e6b3a8e79baeefbc88e7b791efbc89身体の使い方

ピアノは「指で弾く」と思われていたことが、音楽的な演奏に辿り着けない根本的な間違いだったことをご存知でしょうか?
身体全体を使い、腕や指先まで脱力している、合理的で自然な演奏法を身につけていきます。
大きなフォルテからピアニッシモまで、響きのある豊かな音で演奏できるよう導きます。
piano

e6b3a8e79baeefbc88e9bb84efbc89耳の使い方

フレージング(フレーズとフレーズの間の息遣い)、メロディーと伴奏のバランス、ハーモニーの3つの音のバランスなど、
美しい音楽へのブラッシュアップには欠かせない微細な耳の使い方を、音のニュアンスで身につけていきます。
「音あそび・色あそび」や「音伽あそび」の頃からの、音を楽しみアンサンブルしてきた経験が生きてきます。


上級

e6b3a8e79baeefbc88e8b5a4efbc89音楽を知る

音伽舎のレッスンでの独奏やアンサンブルの経験、音伽舎内外でいろいろな生の音楽を聴く、古今の名演奏録音を聴く・・・など、さまざまな音楽体験の中から、音楽の多様性を知るとともに、「理想の音楽」のイメージをつくっていってほしいと願っています。

piano

e6b3a8e79baeefbc88e7b791efbc89自分を知る

音楽の理想像と向き合ううちに、だんだん自分が見えてくることでしょう。レッスンの際、ピアノの音色で心の状態がわかるので、少しずれている時には、その子本来のあり方へと立ち戻らせる手助けをすることができます。思春期の時期も、音楽が心のオアシスになるように、それまでの時期に音楽と自由につきあえるようになっていてほしいですね。

piano

e6b3a8e79baeefbc88e9bb84efbc89他者に向けて表現する

音楽は、自分一人で楽しむ側面と、他者に向かって表現する側面があります。音楽をバックボーンに、語るべき自分を培い「自己表現」できること、が、最終目標です。

piano

piano

e79fa2e58db0efbc88e99d92efbc893音伽あそび ピアノ入門 ピアノ

e79fa2e58db0efbc88e8b5a4efbc894音伽舎の子どもたち 講師プロフィール 音伽メソッドとは よくあるご質問 音伽の響室(出張響室)